新型ヴォクシーの雪対策やヘッドライトや雪にはまった時対処法は?

ヴォクシー 雪

各地で本格的に雪が降り始めている。

大雪の日は、なるべく外出を控えクルマに乗らず自宅で待機するのが1番だが仕事に行かないといけないこともある。

新型ヴォクシーの雪対策は何を知って準備しといたらいいか、考えてみた。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシーの雪道走行は大丈夫?

写真撮影:M,M

⓵ ヘッドライト

新型ヴォクシーのヘッドライトはLEDが使用されており、雪が付着すると中々溶けません。

純正のヘッドライトとフォグライトの明るさだと見えずらいことがあり、ヘッドライト・フォグライトHidLEDに交換するユーザーは多い。

雪が吹雪いている時に走行している時に。、やけに前方が見えにくくなり目を凝らしながら走行していた。

途中でサービスエリアに立ち寄って、ヘッドライトとフォグライトを確認したらフォグライトに雪が覆いかぶさっていた。

見えにくいと感じたら、安全なところで確認した方がいいかもしれない。(コンビニ・駐車場などで)

 

https://prcm.jp

② ワイパー

屋根に雪を乗せて走行しているクルマを目にするが、危険なので全部降ろして走行しなくてはいけない。

ブレーキを踏んだはずみで、フロントガラスに勢いよく雪が落ちてくるが走行中に起こったらとても危険だ。

運転中であれば、クルマを直ぐに止め雪を降ろすことができないのでワイパーを動かしてしまいがちだが、ワイパーが破損してしまう。

※根元からダメになるので本体を交換しても直らない

 

写真撮影:M,M

駐車場から大通りまで出るまでに、SUVみたいに背丈が高くないクルマはしっかり雪掻きをしないといけない。

車体の高さも全然違い、タイヤの大きさも全く違うのであまり雪掻きをしなくてもエクストレイル・プラド・ハリアー・CX5などは進むことができるが絶対にハマらないという保証も無い。

クルマが埋まってしまうぐらい雪が積もってしまったら、回りだけ雪掻きをして勢いよくアクセルを踏み込めば新型ヴォクシーでも出る事ができると思うがアンダーカバーが破損したりバンパーが一ヶ所浮いてしまったり犠牲は付き物なので、無理はしない方がいい。




新型ヴォクシーの駐車場や雪道での注意点は

写真撮影:M,M

⓵ 駐車場から出る時

・クルマの回りだけを雪掻きして、勢いでクルマを出しそのまんま雪掻きせずにアクセル全開で出ようとする。

これは、やめた方がいい。積もっている雪の高さにも左右されるが、クルマのスポイラーより上に雪が積もっている状態でクルマを無理に前に進めていけばアンダーカバーが破損してしまう可能性が非常に高い。

今年大雪に見舞われた北陸地方だが、アンダーカバーを破損したミニバンがとても多かった。

アンダーカバーがちぎれ、一度折れてしまえば修復が不可能になり新品に交換になるのでクルマを出す時は、クルマが通るところの雪掻きをしないといけない。

 

写真撮影:M,M

② 雪道走行で気を付けないといけない

・水が溜まっている道路

雪が降り積もれば、いつかは溶けて水になる。

積雪量が多すぎると、水が溜まりやすい道路は更に溜まりやすくなる。

車体が低いので、水が溜まっている道路を走行時は焦らずに運転しないといけない。

・4WDでも注意が必要

道路の状況に合わせて安全運転をアシストしてくれる、アクティブトルクコントロール4WDだが、前輪が滑れば4輪駆動状態を制御してくれる。

電子制御になるので、前輪が空転などして後輪より速く回転すると、装置内の油圧が高まり後輪にもトルクは発生し始める。

どんなに制御が優秀でも、一度スタックしてしまうと簡単には抜け出せません。

そんな時に役立つ雪道脱出具があるので、車内に置いとくなどの対策は必要だ。

 

③ ヘッドライトが見えにくい

雪に限らず、大雨の時でも前方がとても見えにくいとオーナーが言っていた。

フォグライトの色を変えるだけでも全然違う。

断然見えやすくなる色は、やはり黄色になり雨・雪・霧でも視界を確保することができる。

ハロゲンタイプになれば、HidやLEDに比べ値段も安く熱を発するので付着した雪もまだ溶けやすいなどメリットは沢山ある。

 

いつも使う道が決まっていれば、凍りやすい・水が溜まりやすい・吹雪いたら全く見えなくなる道路などは把握することがきる。

把握しているだけでも、事故の予防になる。

新型ヴォクシーの雪対策 タイヤ

写真撮影:M,M

今履いているタイヤは大丈夫ですか?

 

新型ヴォクシーに限らず、SUV車以外は地面から近く積もっている道を走行中は気を付けないといけない。

雪が積もる地域では、スタッドレスタイヤが必需品だがメーカーによっては性能が持続される年数はバラバラだ。

ブリヂストン・ミシュランは、メーカーも4年は性能が持続すると言っているが実際4シーズンは大丈夫だ。

ダンロップ・ヨコハマは3~4年くらいになり、けして短くない。

他のメーカー(オリジナルブランド)や特売品など、新品を装着して直ぐに滑った・1年で性能が駄目になってかえってお金がかかったなどど色々な意見を耳にした。

 

 

指定される区間でチェーン規制

 

大雪特別警報・大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時で従来であれば通行止めとなる状況において

タイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするのがチェーン規制

 

大雪が降れば、指定された区間ではチェーン装着が義務化になっているが、このチェーン規制で

インターネットや量販店で購入ができるが、雪国に住んでいても自家用車にチェーンを装着して走行したことが無いがチェーンといっても何種類もある。

・金属チェーンタイプ
・非金属チェーンタイプ
・布製カバータイプ

チェーン規制は、そもそも金属だけなのか今一よく分らないがチェーンは切れることもあるらしい。(非金属チェーンタイプ)

万が一切れえてしまえば、運転に支障をきたすこともあるかもしれないが、インターネットでクルマのチェーンを装着すればどんな物かを調べても中々詳しい情報が出てこない。

装着の仕方は、JAFのホームページで確認することができるので1度見といてはどうだろうか。

新型ヴォクシーの雪対策どうしたらいい?

写真撮影:M,M

大雪警報が出れば、なるべく外出を控えるのがいい。

どうしても仕事にいかないといけないなど、中々うまくいかないが大雪を体験したから伝えれれことがある。

 

ロードサービス・手厚い自動車保険に加入しているから全く問題ない

大雪になれば、交通事故やクルマが動かなくなってしまい出動要請する件数が通常の何十倍も増える。(何百台かもしれないが)

自宅に帰宅する時に、雪が道路を狭めてしまいすれ違う際はお互い譲りあって進んで帰宅。

気付かない間に何かを踏んでしまったらしく(全く記憶が無い)自宅に到着した時には、一カ所だけタイヤの空気が以上に少なくなっていたので夕方16時に損保に電話すると、来てくれたのが次の日の15時だった。

 

ロードサービス・手厚い自動車保険に入っていても全く役に立たない

 

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーの純正車高でも、地面からの距離はけして離れていると言えない。

雪が沢山積もっている状況でも、クルマを出さないといけないのであれば車内に、鉄のスコップ・雪道脱出具・牽引ロープなどを載せて万全な準備をしといた方がいいかもしれない。

最悪な事態は避けたいので、事前にバッテリー点検・スタッドレス劣化をチェック・ワイパーゴムが劣化していないかなどを点検しといたほうがいい。

新型ヴォクシーの雪対策やヘッドライトや雪にはまった時対処法は?まとめ

新型ヴォクシーは、アルファードなどと比べ車体が軽いので2WDでもあまり支障が無く1度もハマったり、ハンドルをとられることが無かったと知人から聞いた。

走行する道にの状態にもよるが、実際他のミニバンに比べれば車体は少し軽いのかもしれないが油断は禁物だ。

近年問題になっている煽り運転だが、雪道でゆっくり走行していると何キロも煽られドライバーは、焦ってしまい車線変更をする時にハンドルをとられ事故を起こし煽ってきた相手はスリップをして廃車や全損になってしまった事故もあった。

雪道でも煽る人は煽ってくるので、出くわしてもほっとくのが1番いい。

冬になると自動車事故の件数が年間の中でも1番増えるので、運転は慎重にならないといけない。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です