新型ヴォクシーの車中泊の感想は?荷台容量は?

ヴォクシー

新型ヴォクシーで車中泊をしてみたいなと考えるオーナーは、きっと多いかもしれません。

実際に新型ヴォクシーは、車中泊に適した環境を作ることができるのか、知っておきたいところだと思います。

また、荷台容量がどのくらいあるかも、要チェックポイントであるかもしれません。

この記事では、新型ヴォクシーでの車中泊や、荷台容量などについて、まとめていきたいと思います。




実際に新型ヴォクシーで車中泊をした人の感想は?

 

 

新型ヴォクシーで実際に車中泊をしてみた人からは、どういった感想が寄せられているのでしょうか。

具体的に車中泊をしてみてどうだったかについて、チェックしてみたと思います。

①スペース自体は窮屈さを感じず快適

車中泊をしてみた人からの意見としては、新型ヴォクシーの車内空間が窮屈ではなく、快適であったという内容が目立っているようです。

ミニバンとしてもなかなか大型のサイズであると考えられているので、車中泊を行う場合でも特に問題が無いように感じられています。

 

3列のシートを柔軟にアレンジして、車中泊に最適な空間を作れることが、こういった快適な車中泊を実現させることに繋がっていると考えられています。

車内で寝泊まりする時には、どうしても窮屈さを取り除くことは難しいとイメージしがちです。

ですが、新型ヴォクシーに関しては、そういった不安も小さく、快適な車中泊の空間を演出できるのではないかと思います。

 

②フルフラットにした時の荷室容量はゆったり

荷室容量は、新型ヴォクシーで車中泊をする時にはチェックしておきたいところです。

2列目、3列目をフルフラットにした時の荷室容量は、

全長:1,700mm / 全幅:990mm / 全高:1,200mm

となっており、特に全長はかなり広くなることが分かりますよね。

 

窮屈に感じることなく、車中泊を楽しめることが十分に期待できそうなので、新型ヴォクシーが車中泊に適したものであることが浮き彫りになってきます。

こういった荷室容量の広さも、新型ヴォクシーのオーナーからは高い評価の集まる部分となっています。

車中泊を実際に行う時には、どうしても車内のスペースが十分に確保できないところがネットとなりがちです。

しかし、新型ヴォクシーでは、そういった心配はほとんどないようなので、家族連れ、もしくは友人などとの車中泊を楽しめるのではないかと思います。

 




シートアレンジ次第で車中泊の方法は多様化するの?

新型ヴォクシーでは、シートアレンジの方法によって、車中泊の方法が多様化するとされています。

主に2つの方法が挙げられるようですが、どちらもヘッドレストを取り外してシートを倒すという点が共通しています。

では、どういったシートアレンジの方法が車中泊に適しているのか、詳しく見ていきましょう。

 

①3列目シートを倒してフルフラットに

1つ目のシートアレンジは、3列目のシートを倒してフルフラットの状態にする方法です。

このスタイルをとる場合には、2列目のヘッドレストを取ってシート自体を倒し、3列目のシートもフルフラットにすると完成します。

この状態を作ると、ゆったりと横になってくつろげる空間を創出できるので、車中泊には一番適していると評価されています。

新型ヴォクシーでは、2~3列目の空間がとても広い傾向にあるので、体格が大きな人でも問題なく休めるのではないかと思います。

 

他の車種での車中泊においても、こういったフルフラットの形式でのシートアレンジはよくオススメされています。

新型ヴォクシーも、車内のスペースがとても広く、余裕があるのてオススメされるかと思います。

また、初めて車中泊をする人や、あまり車中泊に慣れていない人も、フルフラットにすることで確実に体を休めることができそうですね。

 

②2列目シートの調整でソファー感覚にもできる

 

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space04

2つ目のシートアレンジの手法は、2列目のシートを倒してソファー感覚にすることです。

この際は、1列目シートに取り付けられるヘッドレストを取り外して、完全に倒した状態にすることが必須になります。

あらかじめ、運転席、助手席のヘッドレストを外すことで、簡単にシートの調整ができるようになります。

 

夜に寝泊まりする時のスタイルとしてオススメされる他に、移動の合間などのちょっとした時間の休憩や仮眠にもマッチしています。

ソファー式のアレンジで期待できるメリットは、簡単にアレンジができる部分であるとされています。

3列目を倒してフルフラットにする場合に比べても、シートの調整する手間が少なく、手軽にできそうですね。

車中泊でこまめに休憩を取りたい場合や、車中泊以外にもレジャー、アウトドアなどでも、こうしたシートアレンジでの休憩スペースの確保がオススメされるかと思います。

 

新型ヴォクシーの車中泊でオススメのアイテムは?

いざ新型ヴォクシーで車中泊をしようとなった時に、是非揃えておきたいアイテムはあるのでしょうか。

揃えておくと、車中泊がもっと便利で快適になるというアイテムについて、ここから見ていきたいと思います。

①日除けと安全な空間確保に役立つサンシェード

 

引用:https://item.rakuten.co.jp/partsdynamics/pd-664414/

サンシェードは、新型ヴォクシーでの車中泊では、用意しておきたいアイテムのひとつとして挙げられそうです。

日中の日差しが当たりにくくなるように、新型ヴォクシーをカバーできるというメリットが大きいとされています。

特に夏場などは日差しが強いので、車内の温度も高くなりがちです。

また、車中泊の最中に新型ヴォクシーから出るという場合にも、サンシェードで日差し避けをしておくと良いかもしれないですね。

 

日除けだけではなく、夜間の安全性を確保することにもサンシェードは役に立ちます。

外からの視界を遮ることが可能なので、外部からも新型ヴォクシーの内部が見えないようになるからです。

どうしても車中泊をする時には、こういった安全面を心配することも多いですよね。

その不安を取り除くことに対しても、サンシェードは有効に利用できそうなので、オススメされるアイテムとなっています。

 

②飲み物などを保存できるクーラーボックス

新型ヴォクシーで車中泊をする場合には、比較的大人数で楽しむことも考えられます。

そうなると、飲み物を保冷しながら保存するということも、必要不可欠なことになってくるのではないでしょうか。

最近では、車中泊やレジャーの時に利用できる、クーラーボックスが重宝されるようになっています。

 

大型のものも簡単に購入できるようになり、車中泊で使える機会が増加しています。

現在販売されるクーラーボックスは、多くが1日以上保冷効果の持続するものであるとされています。

何日かにわたって車中泊を計画するという時にも、しっかりとクーラーボックスを使って対処できそうです。

新型ヴォクシーで、家族連れでの車中泊を計画する時にも、しっかりと活用できる機会はあると言えそうですね。

 

新型ヴォクシーの車中泊の感想は?荷台容量は? まとめ

新型ヴォクシーでの車中泊について、ここまで詳しく見てきました。

実際に新型ヴォクシーで車中泊を経験した人からの意見としては、車内空間がゆったりとしているため、車中泊に適した車種であるというものが多かったようです。

車中泊は楽しいものである一方、車内空間が窮屈に感じられてしまうことが多いというイメージがあるものの、新型ヴォクシーではこの心配ほとんどないと言えますね。

 

シートアレンジの方法もいくつか考えられるため、自在にシートを調節して、自分に最適な車中泊のスタイルを作れると思います。

新型ヴォクシーでの車中泊でオススメされるアイテムも、上手に使いこなすと快適さをアップさせたり、便利さが高くなったりするでしょう。

 

サンシェードは今や車中泊ではマストアイテムとしても挙げられており、新型ヴォクシーに取り入れることもオススメされています。

また、クーラーボックスは新型ヴォクシーで大勢での車中泊を企画する時には、外せないアイテムになるかもしれません。

最近は保冷力の高い製品も多くなってきているので、何日かの車中泊でも利用しやすいものが目立っています。

こういった便利アイテムを使うことで、より新型ヴォクシーでの寝泊まりの満足度が高くなるのではないでしょうか。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です