新型ヴォクシーのライバル対決!ホンダ「ステップワゴン」

ヴォクシー

新型ヴォクシーのライバルモデルとしては、ホンダのステップワゴンが挙げられるかと思います。

実際に、両車種ではどのような点で違いがあるのか、気になる部分ですね。

この記事では、新型ヴォクシーのライバル車にあたるステップワゴンとの比較を通して、それぞれの特徴などをチェックしていきます。

 




基本的なボディサイズではどのような違いがあるの?

 

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/hy_x/?padid=ag341_from_voxy_grade_hy_x_detail

新型ヴォクシーとステップワゴンを比較する上では、基本的なボディサイズはチェックしておきたいところですね。

それぞれのモデルの基本となる大きさに関して、ここで抑えてみたいと思います。

①車体自体のサイズは3ナンバー・5ナンバーの中間

一番ボディサイズでキーになる、全長、全幅、全高について、まずは比較してみたいと思います。

・新型ヴォクシー

(全長)4,695~4,795mm × (全幅)1,695~1,735mm × (全高)1,810~1,870mm

・ステップワゴン

(全長)4,690~4,760mm × (全幅)1,695mm × (全高)1,825~1,855mm

この数値で比較すると、新型ヴォクシー、ステップワゴン共に、ほぼ似通った数値になることが分かりますよね。

 

しかし、どちらの車種も、グレードの選び方次第で、3ナンバーか5ナンバーかが変わってしまうという特徴があります。

全高については、どちらも5ナンバーの範疇に収まりますが、全長、もしくは全幅という部分で扱いが変動する可能性があります。

 

新型ヴォクシーについて言えば、

3ナンバー … ZS、ZS煌、GRスポーツ

5ナンバー … V、X

ステップワゴンは、

3ナンバー … スパーダ、Modulo X

5ナンバー … B、G、G EX

という分類になるようです。

こういった車種の区分に同じモデルでありつつも違いがあるという点は、両車種の特徴として知っておくと良いかもしれません。

 

②車体の重量に関しては新型ヴォクシーが軽め

走行性能に影響する、車体の重量では違いがあるのでしょうか。

・新型ヴォクシー … 1,570~1,730kg

・ステップワゴン … 1,620~1,820kg

新型ヴォクシーの方が、ステップワゴンに比べて若干車重は軽めのようです。

 

車重は、新型ヴォクシーは先代モデルよりも40kg重さが増えているものの、それでもステップワゴンより軽量で、滑らかな走りを演出しています。

ボディ剛性の強化などを目指しての重量アップとなりましたが、新型ヴォクシーは車全体がスムーズに動けているとの評判があります。

やはり、車重の面でステップワゴンに比べて利点が強いという点が絡んでいるのではないかと思います。

最軽量のグレード同士で比べると、50kg程度の重量差があり、新型ヴォクシーはライトな車体で走行できることへの期待が持てそうです。

装備の内容やグレードの違いによっては、ステップワゴンの方が軽量になることも考えられますが、全体的な傾向としては新型ヴォクシーに分があるでしょう。

 




両モデルのカスタムモデルはどんな感じ?

新型ヴォクシー、そしてステップワゴンの両モデルには、スポーティーにカスタムされたモデルやグレードが設定されています。

比較する上では、こういったモデルについて見ておきたい人も多いかと思います。

それぞれのモデルの特徴などを、チェックしていきます。

①細部までこだわりある新型ヴォクシー GRスポーツ

 

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/gr_sport/?padid=ag341_from_voxy_grade_gr_sport_thumb

新型ヴォクシーのカスタムモデルは、ZSグレードから派生するGRスポーツです。

特徴は何と言っても、内外装共に細かいところまでこだわりを持って手掛けられている部分ではないでしょうか。

エクステリアでは、GRスポーツ専用設計の大型フロンドグリルとフロントバンパーが装備されるところが大きな特徴です。

 

通常の新型ヴォクシーと比べても、その違いは一目瞭然だと思います。

スポーティーさを最上級まで持ってきたグレードとして、新型ヴォクシー GRスポーツのオーナーからも高い評価が寄せられています。

内装もシートはスポーティータイプにアレンジされ、GRのエンブレムが施されるなどの特徴があります。

 

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/gr_sport/?padid=ag341_from_voxy_grade_gr_sport_thumb

長く乗り続けることが前提になる車ですから、こういった内外装までしっかりとこだわりを持ったGRスポーツ仕様は、新型ヴォクシーのカスタムとしては評価できると思います。

購入する時に、このグレードがオススメされることも増えているため、要注目と言っても良いかもしれませんね。

 

②上質さを追求するステップワゴン Modulo X

 

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/gasoline/

ステップワゴンには、Modulo Xというカスタム仕様が設定されています。

こちらも新型ヴォクシーのGRスポーツと同じように、細かいパーツまでアレンジが施され、魅力的なモデルとして仕上げられています。

GRスポーツ仕様の新型ヴォクシーと異なる部分としては、上質さを追求したカスタマイズであることです。

基本的にインパネなどは通常のグレードと極端に違いが設けられておらず、シンプルな設計である部分が維持されています。

シートについても、デザインや色合いは豪華ではないものの、その分上質さの引き立てられた見た目となっています。

 

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/gasoline/

外観についても、Modulo Xの専用のバンパーやグリルが設置され、見た目で普通のステップワゴンとは大分違ってくるというイメージを与えられます。

しかし、派手さを追求せずに、少し上質感を出すコンセプトがベースとなる部分は、インテリアにも共通している部分であると言えそうですね。

そういった部分でも、新型ヴォクシーのカスタマイズされたグレードとは差別化の図られる部分であると考えても良いでしょう。

同じカスタム仕様でありつつも、全く印象が違う部分は、両車種を比べるうえでは面白い材料になるかもしれません。

 

両車種で明確なコンセプトの違いがアリ

 

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/gasoline/

新型ヴォクシーとステップワゴンを比べてみると、それぞれの車種では明確なコンセプトの違いが出ていることがポイントになりそうです。

カスタム仕様を比べた時に、一番その特徴が顕著に出てきましたが、通常のグレードを比べてもやはり同じような傾向があります。

新型ヴォクシーは、スポーティーで格好良いイメージを前面に押し出し、ファミリーカーでありつつ男らしさというものが打ち出されています。

その一方で、ステップワゴンは上質感をキーとして、ファミリーカーとしての存在感を最大限に引き上げることが意識されています。

 

基本的なボディサイズについては、それぞれの車種でほとんど似通っており、極端な違いがあるわけではないようです。

そのため、購入する際には、どういったミニバンが欲しいかをベースにして、車種を決定することがベストであると言えますね。

 

両車種の違いをチェックするのにプラスして、実際に新型ヴォクシーとステップワゴンで試乗してみるなどすると、より明確なイメージも湧くと思います。

同じミニバンでありつつも、ちょっとずつベクトルが異なっているころは面白い違いなので、比べてみると良いかもしれません。

 

新型ヴォクシーのライバル対決!ホンダ「ステップワゴン」 まとめ

新型ヴォクシーとステップワゴンにいて、ここでは主にコンセプトの違いを中心に見てきました。

ボディサイズや車重などに関しては、極端な大きさの違いなく、差別化を図る要因としては少し弱いのかなという気がします。

車重は若干ステップワゴンよりも新型ヴォクシーが軽く、キビキビと走ることへの期待が持てるでしょう。

 

一番大きな違いの出る部分は、カスタム仕様におけるベクトルの違いであり、どんなミニバンが欲しいのか考える上では大事な部分になります。

新型ヴォクシーはスポーティーであること、そしてステップワゴンはラグジュアリーであることがポイントとなっています。

これはカスタム仕様だけに留まらず、通常のグレードにも同じ特徴があるようなので、車同士の比較や検討時には見逃さないようにすると良いですね。

 

スタンダードなグレードについては、新型ヴォクシー、ステップワゴン共にミニバンらしさが強いとされ、一部のグレードでスポーツ系の印象が強まっている部分も似通っていると考えられます。

共通項の多い両車種ですが、違いのあるところを着目してみると、納得して車選びができるかと思います。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です