新型ヴォクシーの下取り価格やリセールバリューは?

ヴォクシー

新車でクルマし、買い替えの時の再販価格を気にする人が増えて来ている。

一度購入した物を販売する時に使われる言葉が「リセールバリュー」と言われているが、新型ヴォクシーはどの様になっているのか見てみる。

注意点を踏まえて、買い替えで損をしない様にする方法なども一緒にまとめてみた。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシーの下取り価格やリセールバリューは?残価率はどうなの?

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーのリセールバリューは、どうなっているのか調べると

HYBRID ZS/ZS   →   200~180万円

HYBRID V    →  4WD 160万円 ・ 2WD 150万円

どのグレードも購入してから、3年を目途に手放せば高額な金額を狙う事ができる。

特にグレードZSは、中古車でも人気があり、走行距離が4万キロ以下だと200万円以上の査定になることもある。

特別仕様車「煌3」「GR VOXY」モデリスタ・TRDなどの専用エアロキットが取付けしてあれば、査定してもらうお店で再販価格が異なる。

インターネットで、新型ヴォクシーの中古車を検索すると5,130台になっている。

新型ヴォクシーは、人気があるので走行距離が少ない年式も新しい中古車があれば直ぐに売れてしまう。

 

https://toyota.jp/

トヨタ自動車で、新車を購入時に「残価設定型プラン」をおススメされた事ありませんか

クルマを購入時に、下取り分を差し引いて、残りの金額を分割で支払ってもらう

1. 下取り分を差し引いた金額を、月々の支払額を安くできるメリット

2. 環境の変化に合わせてクルマを、買い替えれる

3. 色々なクルマに乗り換えたい

しかし、デメリットも多い。

1. 1年間走れる走行距離が決められている

2. 途中で解約する場合、査定額を差し引いた金額を一括払いしないといけない

3. 事故で修復歴が有りになると、査定額にマイナスになる

4. 車内での喫煙

指定されている走行距離を超えてしまうと、1キロごとに5円かかってしまう。

残価設定をすれば、数年後のクルマの下取り金額が分かるので数年後のプラン設計もできるので身動きはとりやすい。

 

写真撮影:M,M

(例)2018年1月マイナーチェンジ後 アルファード 8人乗り/ガソリン/ グレード X /モデリスタ エアロキット

3年後 200万円

5年後 150万円

ミニバンの中でも、ハイブランドのアルファード

新車購入時から、車体の値段が350万円~800万円するクルマだが残価設定にした時は、200万円の金額が保証されている。

アルファード・ヴェルファイアでこの様な残価設定になっていれば、新型ヴォクシーの場合に置き換えて考えても大体の金額が予想できる。

 

新車で購入したクルマを、数年で手放す予定であればディーラーでの下取りよりも、他社での買取りの方が高く売れる。

現金一括・3年ローン・5年ローン・8年ローン・10年ローン色々な買い方ができる。

リセールバリューを気にするなら、3年ローン・現金一括・残価設定で数年契約するのがおススメだ。色々なプランがあるので、調べて自分に合った購入の仕方を見つけるのがいいかもしれない。

 




新型ヴォクシーの下取り価格やリセールバリューが損するカラーは?注意点は?

https://toyota.jp/

新型ヴォクシーのボディーカラーの種類は

・ホワイトパールクリスタルシャイン/070
・ブラック/202
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク/221
・イナズマスパーキングブラックガラスフレーク/224
・ボルドーマイカメタリック/3R9
・シルバーメタリック/1F7
・アバンギャルドブロンズメタリック/4V8

「ホワイト」「ブラック」のボディは、どのクルマでも人気が高い。

イナズマスパーキングブラック・シルバーメタリック・アバンギャルドブロンズメタリックは、あまり人気が無く新車購入する時選択する人は少ない。新型ヴォクシーを購入する世代は20~30代後半が多いので人気があまり出ないのも良く分かる。

定番の人気のボディカラーを購入すれば、売る時までに注意する事がいくつかある

写真撮影:M,M

・ホワイトのボディーは、とても水垢が目立つので定期的にクルマを洗う必要がある

・ブラックのボディーもホワイトと同様に、汚れは目立つ。ブラックは、傷が付かないようにカバーするのでワックスやコーキングなどが必要だ

ブラックに限らず、濃いカラーは傷・汚れが目立ちやすく綺麗な状態を保つには、小まめな手入れが必要不可欠になっている。

雨が降った次の日に、クルマのボディを確認したら真っ黒になっている事が多い。汚れた状態で置いとけば、簡単に汚れが落ちなくなり、強力なカーシャンプーを購入しないといけない。

小まめに洗車や手入れするだけで、数年後のクルマのボディの状態に差が出るので注意は必要だ。

 

写真撮影:M,M

マンションにある、立体駐車場(機械式)があるので新車で購入したヴォクシーを入れようと考えていた。納車されてから気付いたが、高さ制限がヴォクシーなどのミニバンの背丈は使用禁止になっており、青空駐車場になってしまった。

クルマの保管場所に屋根が付いていれば、ボディの綺麗な状態を維持する事ができる。

状態はとても綺麗で、売る時の査定に期待ができる。

新型ヴォクシーの中古車相場は?ハイブリッドはどお?

新型ヴォクシー下取り価格を気にするなら3年以内に

https://toyota.jp/

新車で購入した場合、3年以内に次のクルマに乗り換えれば買取り価格に期待ができる。

新型ヴォクシーは、ミドルクラスミニバンの中でも注目されているクルマだ。2019年の1月に一部改良が発表されてから、従来まで備わっていなかった安全装備がいくつも追加された。

レーザーレーダーと単眼カメラで、歩行者を検知する事が可能になり、乗り換えるユーザーも増えている。

現行のモデルと比べ、システムが古くければクルマの価値も下がる。

トヨタのラウンドクルーザーなどのSUVなどは、何年経過しても・どんなに古くても驚くくらいの下取り価格で売却する事が可能になっている。

 

ヴォクシー写真撮影:M,M

しかし人気のある新型ヴォクシーでも、購入して6年以上乗っていればクルマ自体の価格は恐ろしい程に下がってしまう。

メーカーで行っている残価設定ローンが良い例えだ。

3年乗り換え → 車体金額の半分の下取り金額

5年後乗り換え → 車体金額の半分以下の下取り金額

走行距離が5万キロ超えるだけでも査定に響いてしまう。

新型ヴォクシーに乗るユーザーで多いのが、子供がいる家庭

安全装備が充実していれば、安心して乗る事ができる。2019年1月に一部改良されてから、新たに加わった安全装備が無くてはならない装備になれば、それ以前のクルマの価値が下がってしまう可能性がある。

新型ヴォクシーは「ファミリカー」になるので、購入するユーザーも安全性能・走行性能を求めている。

 

ヴォクシーのリセールバリューから見たおすすめのグレードは?金額を上げる方法

https://toyota.jp/

新型ヴォクシーの、グレードZSには専用エアロパーツ(大型バンパー+フェンダー+スポイラー+サイドマッドガード)が標準装備されている。

一つ前のモデルのグレードZSでも、他のグレードに比べ高値で取引されている。

HYBRID Vと車体価格との差額も、約15万円しかない。

リセールバリューを第一前提に考えるなら「ZS」を選択した方がメリットが沢山ある。

写真撮影:M,M

4WDに乗っていれば、売却時は9月~10月にかけて売る

冬前になると、4WDの中古車は需要が出てくるので価格が上がる。もちろん、4WDのクルマの下取りもかなり強気で値段交渉するのをおススメする。

去年の冬に、大雪にみまわれた地域であれば、どこも欲しがる。

自然災害でも影響する

2018年は、とても自然災害が多かった。自然災害で大規模の被害がでた時、高額な査定で売れる事が多い。

走行距離がある程度走っているのに、新車を購入できるくらいの下取り価格で売れるケースも実際にある。

 

クルマを売るタイミングで、買取り価格が全く違う事もあるので、他社との比較は大切だ。

 

新型ヴォクシーのリセールバリューや下取り価格は?まとめ

新型ヴォクシーのリセールバリューを考えてクルマを購入するなら、特別仕様車・モデリスタ/TRD・ZSなど選択したらいいだろう。

どれだけ上級グレードを購入しても、手入れを忘れずにしないといけない。新型ヴォクシーは非常に人気のあるクルマです。人気のクルマは何年経過しても値段に期待する事ができる。

再販する予定が無くても、今乗っている新型ヴォクシーの下取り価格が、査定すれば分かるので調べてみてはいかがでしょうか。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です