新型ヴォクシーのライバル対決!トヨタ「ノア」

ヴォクシー

新型ヴォクシーとノアは、姉妹車で初代から今の現行モデルどれもとても人気がある。
クルマの見た目も似ていて部分が多く、区別がつきにくい・ゴチャゴチャになってしまうこと。
新型ヴォクシーとノア2つのクルマがどこが違うのか、燃費や実際の口コミや評判を詳しくまとめてみた。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシーとノアの違いは

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーはトヨタグループのネッツ店にいけば展示車で置いてありミニバンの販売台数(全メーカー)ランキングでトップ3に必ずランクインするほど人気のクルマだ。トヨタグループの4チャンネルは、2025年めどに色々変更すると発表があったが現段階で

 

ヴォクシー ←→ ネッツトヨタ

ノア    ←→ トヨタカローラ

 

と購入するお店が決められている。

新型ヴォクシーもノアも大きさやボディが同じなのに購入するお店が、別けられていることは購入者からすれば同じお店で比較もできず現車を見ることもできないので面倒だといった意見も聞く。

 

https://toyota.jp/voxy/
https://toyota.jp/noah/

新型ヴォクシーの特別仕様車「ZS 煌」とノアの特別仕様車「WXB」だがグリルを除けばとても似ている。

他のグレードで違いを見てみると

 

① ヘッドライトの位置
② フロントグリルのデザイン
③ フロントバンパーのデザイン(グレードによって少し異なる)
⓸ ボディーカラー(どちらも7色設定有)
⓹ 一部グレードの内装色

 

違いが見た目に集中しておりボディのサイズ・室内空間広さやインテリアのデザイン・タイヤサイズなどが同じになっているのでクルマの雰囲気でどちらを選ぶか決める選択になる。

ノアは、とてもグリルが目立つので2台並べると新型ヴォクシーが控えめにみえるがノアを購入するユーザーは「ファミリー層」新型ヴォクシーを購入するのは「若い人」といった傾向が多いと販売店から聞いたがどうなんだろうか。

どちらのフロントマスクだけを比べても、決して地味ではないので販売店が言っていた客層はあまり当てにはならなそうだ。

 

https://toyota.jp/voxy/
https://toyota.jp/noah/

https://toyota.jp/voxy/

https://toyota.jp/noah/

https://toyota.jp/voxy/

https://toyota.jp/noah/

黄色く囲ってあるのがノアだが、フロンドグレードグリル・ヘッドライト位置・テールランプデザイン・リフレクターが違う。

大きさと形が似ており、特別仕様なら見分けは付きやすいがそれ以外は、横から見ればどのグレードも一緒に見えてしまってもおかしくない。

個人的に、正面から見ればなんのクルマかは、すぐに名前が出てくるが3列目の窓が大きくなってからどちらのクルマもサイドがステップワゴンに見えてしまう。

 

ところで、ノアって何かに似ていませんか

それはステップワゴンだ。雰囲気がとても似ていてステップワゴンのデザインの元はセレナと言われておりミニバンのデザインは他社メーカーと比較する時イメージが似ているのでどれも一緒に思えてしまう。

ノアは、トヨタブランドになり室内・安全装備はもちろん独自のシステムなので、どれも同じに見えるが全く違う。




新型ヴォクシーとノアの燃費比較

https://toyota.jp/noah/

新型ヴォクシーとノアのカタログ燃費を見比べてみたところ、全く同じだった。
JC08モードでの表記になるので、WLTPモードに計算し直すと新型ヴォクシーとノアは19.0km/Lになる。

 

インターネットで、ヴォクシーとノアは燃費が悪いとよく検索される

 

購入する前に燃費を調べる人もいれば、購入してからカタログ燃費と異なるので調べる人もいるがトヨタ自動車で燃費がいいのがプリウスや他社だとフィットやインサイトがあげられる。

カタログ燃費は、30.0km/Lを達成して実燃費も頑張れば28.0km/L可能なクルマが増えてきているのでミニバンで人気のヴォクシーやノアのハイブリッドを購入しカタログ燃費により近い数字を出すことができると思いがちだが

 

写真撮影:M,M

高速を走行していると、良くて11.0~12.0km/Lで街乗りで運転のコツをつかんで燃費を意識しながら走行していくと17.0~19.0km/Lをだすことができるといったオーナーの口コミがあるがごく一部に限られている。

カタログ燃費と全く一緒の燃費になるのは、難しいが運転の仕方で左右されるので工夫すればするほど燃費向上に繋がる。

 

覚えといた方がいいこと

ヴォクシー・ノアどちらもハイブリッド車が準備されておりガソリンと比べても燃費はハイブリッドが上になる。

ハイブリッド車は、助手席の下にある電気モーターを駆動する600Vの駆動用バッテリーは5~7年くらいで性能が低下してしまう。

低下すれば満足に溜まらず70%までで停まってしまったり、何かしら問題が出てくるらしいが、トヨタの営業も実際にどおうなるかは不明だと言っていた。

新型ヴォクシーとノアの口コミや評判は?

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーの口コミや評判は

・運転席からの視界がとても良いので、運転しやすい
・5ナンバーサイズだが、室内空間は広く狭い道でも心配することがあまりない
・乗り降りが、非常にしやすい
・アフターパーツが豊富で、沢山選択肢がある

https://toyota.jp/noah/

ノアの口コミや評判は

・クールでスタイリッシュでカッコイイ
・頭上空間がとても広いので、長時間乗っていてもストレスが溜まらない
・荷物が沢山積める
・燃費がいい

 

どちらの評価も、高評価が目立つ。

新型ヴォクシーのオーナーとノアのオーナーも、満足している口コミの内容が似ておりクルマの一番の違いが外観に集中しているのも理由にある。

見た目もカッコよく、車内には十分な収納があり車中泊も快適に過ごすことができるので、どんな時でも様々な使い方ができる。

どちらを購入しても、壊れにくく維持費も安く済み長い間乗るにはとてもいいクルマだ。

 

新型ヴォクシーとノア どちらがカッコいい?

ヴォクシーhttps://toyota.jp/voxy/

https://toyota.jp/noah/

新型ヴォクシー・ノアどちらもかっこいいクルマ

 

どちらも個性的なフロントマスクになっているので、好みは分かれる。

ノアのグリルは、メッキが広範囲に使用され一つ一つの幅も広いのでとてもギラギラしている風に見えてしまいがちだが、実際にクルマを見たらイメージが変わるなどといった口コミもあるので直接見に行くのがいいかもしれない。

 

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grsvoxy/exterior/

アフターパーツも豊富で、特別仕様車や専用エアロのMODELLISTAやTRDやGRスポーツなど選択肢が沢山あるので魅力的な新型ヴォクシーとノアだが、メーカーオプションで全て揃えてしまえば手っ取り早いがお金が割高になってしまう。

メーカーオプション以外で、他に社外品でのパーツが沢山あるのでドレスアップするにはとてもしやすいのも魅力的だ。

新型ヴォクシーのライバル対決!トヨタ「ノア」 まとめ

正面の見た目が全く違う新型ヴォクシーとノアだが、室内大きさ・デザイン・性能はどれも同じになっている。

細かく専用設計になっているのかと思いきや、数カ所しか変わらないがクルマに対してのイメージはハッキリ分かれている。

購入できる店舗は、ネッツ店とカローラ店と別々になっているので、どちらも気になっている場合2カ所の販売店に足を運ばないといけないが比べてみる価値はある。

12月にシーグループフェアが開催されたり、様々なイベントが開催されるので一度見に行ってみてはいかがだろうか。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です