新型ヴォクシーのモデルチェンジ予想や情報は?

新型ヴォクシーが、次期型のモデルに移行する情報は、現時点でどこまで出ているのでしょうか。

モデルチェンジによって、これまでのスタイルからどう変化するかも含めて、気になる人はきっと多いでしょう。

この記事では新型ヴォクシーのモデルチェンジについての情報や予測などを、検証していきたいと思います。




新型ヴォクシー次期型 登場はいつ頃になりそう?

新型ヴォクシーのモデルチェンジの情報で一番になる部分は、いつ頃次期型に移行するかであると思います。

これまでのモデルチェンジの変遷やモデルサイクルなどをチェックしながら、予測していきましょう。

①これまでは約6年のスパンでモデルチェンジを経験

 

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/?padid=ag341_from_voxy_navi_grade

現在販売されている新型ヴォクシーは、通算で3代目にあたるモデルです。

初代モデルは2001年11月に登場し、大きな話題を呼びました。

この新型ヴォクシーは、ライトエースノアの後継車種として登場し、現行のノアとの兄弟車という位置づけで現在も売られています。

最終的に初代は2007年6月まで売られ、約5年半にわたりラインナップされています。

初代の販売終了と同時に、2代目モデルが登場します。

 

コンセプトなどは基本的に初代モデルを踏襲したもので、やはり兄弟車であるノアとの差別化が図られています。

2014年1月までの、約6年半にわたり販売されており、最初のモデルよりもモデルサイクルは長くなっているようです。

現行型の新型ヴォクシーは、発売されてまもなく5年が経過する時期に差し掛かっています。

5~6年のスパンでのモデルチェンジを同様に実施するとなると、早ければ来年(2019年)中にも次期型に代替わりする可能性もありそうですね。

ただ、一番可能性の高い時期は、丁度良いサイクルになる2020年頃になるのではないかと、現段階では考えられています。

 

②兄弟車・ノアとの同時モデルチェンジが濃厚

引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

新型ヴォクシーと兄弟車であるノアも、モデルチェンジの動向には大きな影響を与えるかもしれません。

これまでの2度のモデルチェンジは、新型ヴォクシー、ノアが同時に行われているからです。

通算4代目となる次期型についても、同様の形式で移行することが濃厚となっています。

 

各モデルで販売情勢などは違いがあり、全く同じ状況にあるというわけではないものの、やはり兄弟車という位置づけをキープして、新型ヴォクシーのモデルチェンジのタイミングを模索することが有力視されています。

また、途中からエスクァイアも兄弟車として追加されていますが、エスクァイアも同時に代替わりする可能性もあります。

そういった意味では、新型ヴォクシーのモデルチェンジのタイミングが、兄弟車の動向にも左右されるということは、あらかじめ把握しておくと良いかもしれませんね。

 




新型ヴォクシー次期型 モデルチェンジで何が変わる?

次期型の新型ヴォクシーにモデルチェンジを果たすと、どのような点が変化するかも知りたいところですね。

変更される部分が何なのかや、進化を遂げる可能性のある部分はあるのかなどを、チェックしていきましょう。

①燃費性能の更なる向上に期待

一番変化が期待できそうな部分は、燃費性能の向上であるとされています。

現行型の新型ヴォクシーは、ハイブリッド仕様が約24km/L、ガソリン仕様は約15km/L程度となっています。

しかし、次期型の新型ヴォクシーには、これまでとは違ったエンジンが搭載される可能性が高まっています。

 

既にトヨタ車に導入されつつあるもので、ダイナミックフォースエンジンと称されるものです。

エンジンの効率がアップされているため、燃費アップに直結する可能性が高いのではないかと期待が寄せられています。

現行型の新型ヴォクシーに比べると、数km/Lの数値アップが見込まれているので、より環境、そして経済的に優しいモデルになるのではないでしょうか。

 

②ラインナップはハイブリッド中心に転換か

現在の新型ヴォクシーは、ガソリン仕様、ハイブリッド仕様の2つが軸となっています。

これまではガソリン仕様が中心のような扱いでしたが、次期型ではハイブリッド仕様がメインに据えられる可能性もあります。

トヨタにおいては、今ではほとんどの車種でハイブリッドの仕様が設定されています。

セダンやコンパクトカーはもちろんのこと、新型アルファードなどにも同様の傾向が見受けられています。

 

環境に優しいことや、ハイブリッドの動力でも非力ではないというところのイメージアップなど、複数の要素が絡んでいると考えられています。

新型ヴォクシーの現行型でも、ハイブリッドの選ばれる割合は少しずつ高まっているので、次期型ではハイブリッドがグレードの主軸になるかもしれません。

仮にこういった変化が実現されると、大きな転換点になるかと思います。

 

③安全性能は確実に進化することが見込まれる

【自動ブレーキ】プリクラッシュセーフティ 歩行者(昼夜)・自転車運転者(昼)検知機能付

安全性能や安全装備に関しては、次期型では確実に進化することが見込まれています。

新型ヴォクシーには、今のモデルにトヨタセーフティセンスの安全装備が取り入れられています。

この装備はアップグレードが行われてきているので、次期型の登場時には更に充実した装備になることが期待されるでしょう。

 

具体的な装備としては、衝突事前回避や先行車との距離の察知などが、キーになるものとして挙げられています。

また、夜間の歩行者や対向車検知のシステムも、目覚ましい発展を遂げており、次期型ではより精度の高い見地のシステム導入が予想されています。

こういった様々な安全に対するメリットをもたらすトヨタセーフティセンスは、アップグレードを続けていくものとなっています。

そのため、次期型の新型ヴォクシーでは盤石な安全性能や装備を持つことが期待されると思います。

 

モデルチェンジであまり変化しない部分はありそう?

https://www.toyota.astra.co.id/product/voxy/gallery

次期型の新型ヴォクシーで、これまでとあまり変わらない部分はあるのでしょうか。

いくつかのポイントを挙げながら、見ていきたいと思います。

①デザインはキープコンセプトが軸になりそう

新型ヴォクシーのデザインは、ノアに比べてスポーティーさの強いところが特徴です。

これは、初代モデルから続いてきたものであり、次期型においても同様のコンセプトが維持されそうです。

 

現在のトヨタ車でよく取り入れられる、特徴的なフロントマスクを取り入れる可能性はありますが、大胆なデザイン変更はせず、現行型に少し手を加えるに留まりそうですね。

新型ヴォクシーがスポーティーな印象を持つところが支持を獲得する要因でもあります。

そのため、キープコンセプトで次期型へのモデルチェンジを迎えることが、現実的であると言えそうです。

 

②特別仕様車「煌」の設定も実現される可能性大

 

引用:https://toyota.jp/voxy/grade/special/?padid=ag341_from_voxy_grade_zs_kirameki_detail

新型ヴォクシーは、これまで特別仕様車である「煌(きらめき)」が必ず設定されてきました。

ニューモデルが登場してから、約半年~1年の間に、煌という名前で特別仕様車が展開されています。

通常モデルに比べて、細部までこだわって設計、製造されているので、新型ヴォクシーのオーナーからも「煌」を選びたいと希望する意見が多く寄せられています。

次の4代目新型ヴォクシーが登場した後も、そこから半年程度で煌の特別仕様車の発売される可能性は、現時点では非常に高いと考えられています。

 

新型ヴォクシーのモデルチェンジ予想や情報は? まとめ

新型ヴォクシーが次期型にモデルチェンジを果たす時期は、2019年、もしくは2020年が有力視されています。

これまでのモデルチェンジのスパンから考えると、もう1~2年で次期型がお目見えする可能性は高いと言えそうです。

トヨタ車は燃費性能が総合的にアップしてきており、新型ヴォクシーの次期型でもその特徴が当てはまることが期待されます。

ハイブリッド車を中心にする可能性もあるので、そこにも注目してみたいですね。

 

モデルチェンジでは、変化するところと共に、変わらない可能性のある点も挙げられています。

デザインは大掛かりに変えられる可能性が低く、現モデルをベースとした変化になりそうです。

また、「煌」の特別仕様車は、新型ヴォクシーの特徴のひとつでもあり、次期型でも設定されることは間違いないと見込まれています。

 

次期型へのモデルチェンジで、色々な部分が変化すると予想されているものの、変わらないところもあると推測されています。

新型ヴォクシーの次期型については、そのような部分も特徴となるかもしれません。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です