新型ヴォクシー マイナーチェンジ 【最新情報】2019トヨタ営業に取材

ヴォクシー

ミニバンで人気のヴォクシーだが、インターネットでもマイナーチェンジするのではないかといった内容の情報がある。

関係者からの情報も入手することができたのでより的確に、今後の新型ヴォクシーのマイナーチェンジ・フルモデルチェンジどうなるか考察した。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシー マイナーチェンジ 【最新情報】2019トヨタ営業に取材

https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

独身男性・ファミリーからも絶大の人気があるヴォクシーだが、マイナーチェンジは2019年にある。

2019年のいつかはハッキリしていないが、4月にRAV4がフルモデルチェンジで発売が開始されて2019年の1月には価格帯が出てくる予定になり近いうちに、ヴィッツの名所もヤリスに変更になり、1月から2月くらいにはRAV4の価格帯が発表される予想なのでヴォクシーの発表はその後ではないかと考えられる。

そこで新型ヴォクシーの何がマイナーチェンジするかネッツ店の営業の方の話を元に考察してみると

 

 

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーは、マイナーチェンジしたのが2017年7月になるので、まだ1年しか経過しておらず2019年もフロントフェイスが変更することは無い。

今回の2019年に変わるのは安全装備になり、今までのクルマのフルモデルチェンジの周期が変更なければ2021年には外観が大きく変更される。

2019年にフルモデルチェンジした三菱デリカD5のデザインには衝撃を受けたが、今後発売されるクルマのデザインはデリカD5みたいになる可能性も高いと言われているが、もしかすると昔のデザインに戻る事も十分にあり得る。

インターネットで、「エスティマ」と「マークX」が今年の12月をもって生産終了されると噂されているがこれからどの様に車種が絞られていくかは全く不明になり,2019年から次々に車種が絞られていけばクルマの安全装備が統一されるのも早くなるかもしれない。




ライターM,Mがトヨタ関係者の話から推測!

https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

2025年には、トヨタ自動車の販売店が統合されて現在取り扱いされているクルマの種類も減っていくと世間に発表があった。

新型ヴォクシーのライバル車と言えば、トヨタカローラ店が取り扱っているノアになるが性能はアルファード・ヴェルファイアと比べても劣っていると言われている。

2018年12月17日に、マイナーチェンジで発売され内容が一部の安全装備が標準装備になり車体販売価格も従来の6~8万円くらい値段が上がって販売が開始されたプリウス

2019年に新型ヴォクシーのマイナーチェンジは確定で間違いないが、現在採用されている

レーザーレーダー+単眼カメラ

      ↓

ミリ波レーダー+単眼カメラ

に変更される可能性は低く、アルファード・ヴェルファイアに近づくのはまだまだ先になる。

ミリ波レーダーの価格が低価格化が進んでいるので、レーザーレーダーが今後少なくなると言われている。

マイナーチェンジするヴォクシーがミリ波レーダーに変更す話は一切出ていないのでヴォクシーとノアは当分レーザーレーダーで行きそうだ。

 

https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

2019年の初めに東京都内から開始される「KINTO(キント)」が注目を浴びている。

毎月定額乗り放題で、税金・保険の支払い・車両保守などがパッケージ化する。

クルマ離れが深刻化しており、新車販売が年々落ち込んでいなどと新聞やインターネットで話題になっているが普段生活している中では、クルマ離れが進んでいるのかなんとも言えないが

「KINTO」や「カーシェアリング」などのサービスが当たり前になれば、ヴォクシーやノアが更に進化するのではないか。

定額で乗り放題であれば、断然車内が広く安全装備が充実しているアルファードやヴェルファイアが有利になりヴォクシーとノアがこのままでは人気が低下し他のミニバンに比べても劣るので2021年前より早くフルモデルチェンジし、ミリ波レーダー+単眼カメラ・デジタルインナーミラーなどが装備される日も思ってたより早いかもしれない。

新型ヴォクシー2019のマイナーチェンジを大胆予想

https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

ヴォクシーは、初代から今の現行モデルどれもトヨタのミニバンの中で非常に人気がある。

デカすぎず・維持がしやすい・運転がしやすい・価格も丁度いいなど様々な高評価の口コミがあるが、低評価の口コミも多い

 

安全装備が、充実していない

1、Toyota Safety Sense C レーザーレーダー+単眼カメラ

※自動ブレーキは、クルマのみ

2、Toyota Safety Sense P ミリ波レーダー+単眼カメラ

※自動ブレーキは、クルマと歩行者

今後販売される車種が絞られていくので、ヴォクシーが販売され続ければいつかはToyota Safety Sense Pに変更になり他のクルマでToyota Safety Sense Cが採用されているのも無くなっていく。

https://toyota.jp/voxy/safety/?padid=ag341_from_voxy_navi_safety

マイナーチェンジで追加装備される安全装備はこれだ!

1、リヤクロストラフィックアラート(後退する時にサポート)

2、インテリジェントクリアランスソナー(踏み間違えサポート)

3、電子インナーミラー(バックモニターを映す)

4、コネクティッドサービス(無料期間を延長)+LINEマイカー追加

 

12月17日にマイナーチェンジしたプリウスは、上記の安全装備などが追加され運転をアシストしてくれる装備が充実した。

新型ヴォクシーの3列シートを上げている状態で、バックすれば跳ね上げたシートが3列目の窓が隠れてしまい確認しにくいといったユーザーの口コミがある。

バックする時は、バックモニターだけで確認せずに自分の目で振り返って確認しないといけないが見えない時は、本当に見えなくなってしまうらしいので追加される安全装備は期待できそうだ。

新型ヴォクシーマイナーチェンジ2019は?モデルチェンジで復活する?

https://toyota.jp/voxy/

マイナーチェンジに、復活するかもしれない。

人気があまり無く、気付けばなくなってしまったアクティブな2列目シートの5人乗り仕様のグレード

 

TRANS-X

 

新型ヴォクシーは7~8人乗り設計になり、車内は様々なアレンジができる。

・スーパーリラックスモード
・フロントフラットソファモード
・リヤフラットソファモード

 

最近地震のことが話題になっているが、そろそろ「南海トラフ巨大地震」が起きるのではないかと心配されている。

強い揺れが起これば、家が倒壊してしまったり危なくて入ることができないなど寝る場所に困り車内で寝泊まりをする人達も多い。

しかし、クルマの室内がフルフラットにできてもデコボコが生じてしまうのでユッタリ車内で寝るには体に負担がかかるり、そのまま寝るには厳しい。

一度寝てみれば分かるが、フルフラットに上から布団用マットレス(薄いの)を例え引いても寝心地を改善するのことは難しい。

 

https://toyota.jp/voxy/

5人乗りのヴォクシーでは、2列目を倒しデッキボード(3分割)を置けば段差もデコボコもなく平らに近い状態にすることができ、様々なシーンで活躍ができる。

布団をひいても、腰が痛くなるなど心配する必要もなさそうなので今後自然災害時には、とても期待できる室内空間なのでマイナーチェンジかフルモデルチェンジでの復活に期待が寄せられている。

新型ヴォクシー マイナーチェンジ 【最新情報】2019トヨタ営業に取材 まとめ

新型ヴォクシーのマイナーチェンジは安全装備が追加され運転をアシストしてくれる機能が充実する。

コネクティッドサービスやLINEなどは、こちらも無料期間が延長したり無料でサービスを使用できるようにヴォクシーもなる予想だ。

コネクティッドサービスの説明は、マイナーチェンジしたプリウスのカタログを見れば一目瞭然だが説明しているページ数が非常に多い。

サービスより、細かいオプション設定を標準装備にするなどして欲しいものだ。

安全装備もグレードによっては、非対応だったりオプション設定で別途お金がかかる仕組みになっているが、クルマに対しても安全装備に決まりが厳しくなれば標準装備に変わる日も来るかもしれない。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です