新型ヴォクシーの維持費やローンや残価設定はどお?

ヴォクシー

新型ヴォクシーは、7人乗りと8人乗りの設定がありクルマも大きく維持費を気にする人も多い。

軽自動車やコンパクトカーなどが維持費が安くすむと言われるが新型ヴォクシーは思ったより維持費がかからない。

新型ヴォクシーを購入を検討している人の為にも、参考になる情報をまとめてみた。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシーの維持費はどのくらいかかる?

https://toyota.jp/voxy/

どんなクルマを購入しても、必ず維持費がかかる。

新型ヴォクシーの維持費だが、どちらかと言えば普通車の中では安いほうだ。

・オイル交換(エレメント)
・タイヤ(3~4年に1度)
・消耗品交換(ワイパー・ライト・バッテリーなど)
・年に1度の自動車税
・ガソリン代
・車検
・保険

・法定12ヶ月点検

 

クルマごとによって維持費は違い、ある程度どのくらいかかるのかを把握することでクルマの管理もしやすい。

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーの維持費だが、オイル交換は距離で計測する方法月日で決める方法1年に1回のみ交換など様々だがトヨタは1年に1回で大丈夫だと言っている。

オイル代(4,000円)+エレメント(1,000円)=5,000円

年に2回交換だと考えれば、1回目はオイルのみ(4,000円)と2回目はエレメントもセットで(5,000円)合計9,000円くらいになりオイルも今のクルマは0W-20を使わないと燃費が落ちたり、本来の新型ヴォクシーの性能が下がってしまうなどのデメリットがあるので5W-30などはあまり使用しない。(5W-30の方が安い)

タイヤは夏タイヤと冬タイヤでは1本価格が安いのは夏タイヤになり、もちろんインターネットで購入すれば断然店頭で購入するより1本の価格を安く済ますことができる。

夏タイヤ4本(195/65R15)+組替え+バランス+脱着+処分代=40000円

※国産の安いタイヤを基準にした価格

安 ナンカン←DRB←エコス←ブルーアース←RV←レグノ・ポテンザ 高

 

ワイパーは2本必要なので、1本撥水タイプで1,000円ノーマルは800円くらいが多い。

新車で購入すれば電球は簡単に切れない。通常の電球を購入すれば400円あれば店頭で購入できLEDになれば倍の値段になる。

 

ガソリン代は、1ヶ月どれだけクルマを走らすかによるがハイブリッドで街乗りの燃費が大体13.0km/L。

月曜日から金曜日まで片道25km走行して土日に買い物で使用している知り合いがおり計算してもらうと

ガソリン 145円    1ヶ月ガソリン代6000円+夏・冬に帰省&旅行 → 1年で8万円

新型ヴォクシーはの車体は大きいが排気量が小さいのでガソリン代もあまりかからないのかもしれない。

 

重量税は毎年排気量によって決められているが、クルマを持つことによって沢山の税金を払っており税金に関しては常に様々なところで物議されているが未だ解決されていない。

車検は、受ける場所によって金額が異なるので下調べが必要だ。

自動車保険は、年間5万円くらいで可能らしいがインターネットでの企業に限られたり車両保険を外したりするなどの工夫で値段をかえることができる。

 

写真撮影:M,M

”法定12ヶ月点検”

これは受けなくても何も問題がない。受けていなければ何か罰則があるのではないかと思ってしまうが、特に何もなくディーラーで車検をお願いする際は車検費用に含まれている。

 

“バッテリー”

アイドリングストップ車には、専用バッテリーがある。しかし、価格が非常に高く年間で計算すれば安いがそんなことも言っていられない。

普通のバッテリーも実際には、装着できるが仕様が違うので寿命が3~4年のバッテリーも2年以内で寿命が来るなどデメリットがある。

だが、クルマを手放すのが決まっているなどの状況なら価格を選ぶ人もいる。




新型ヴォクシーのローンの支払い口コミ・実体験

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーのハイブリッドを現金一括で購入した知り合いがいる。

・HYBRID V   車体価格 3,142,800円

オプションを入れれば、総額 3,800,000円(大体)に値引きが28万円

 

一括で購入できれば、毎月の返済が無いので生活に支障が出ることがないのが一番のメリットだ。

しかし、ローンを組めば利息が発生してしまうがクルマの値引き額が現金一括で購入する場合よりも多い傾向も実際にある。

 

インターネットでの口コミはどうなっているのか調べると

・ローンを組む前に、同じネッツ店での価格交渉を念入りに行った
・トヨタファイナンスは利息が高いので、他で借りた
・現金一括で購入した

 

価格.comなどでローンについて検索してみると「現金一括で購入」の意見が多い気がした。

住んでいる地域で多少は違うと思うが、筆者が住んでいる県は結婚すれば家を建てるのが普通だ。(都会に比べれば、土地も凄く安く中には親が土地を持っている)

新築の家と新車を所持している家が、かなり目に付き皆凄いなっと思っていたので販売店に聞いたことがあるが

「家のローンを組んだ後にクルマの審査に通るのは難易度が高く(車体の価格にも左右されるが)銀行で家+自動車の含めた金額を借りる人が沢山いると思います。」

 

家を建てていないので、どんな感じなのかは分からないがクルマを購入する方法は何通りかあるみたいなので自身のスタイルに合わせて購入することができるので一度調べてみてもいいかも知れない。

新型ヴォクシーの残価設定はおススメ

写真撮影:M,M

300万円の新車を残価設定で購入すると

3年後の下取り差査額を決め、査定額が120万円の場合

                               ↓

300-120=180 この180万円を3年間で支払う

                             ↓

クルマを継続するか、乗り換えるか選択できる

https://toyota.jp/zanka/

 

3年間でクルマを乗り換えれば、常に新しいモデルに乗ることができるのでメリットも沢山ある。

勿論悪い部分もあるので、まとめてみると

・修復歴があるとクルマの下取りに影響する
・廃車になってしまった
・改造はできない
・所有者は、ディーラー

 

残価設定といっても普通にクルマのローンを組んで購入するのと一緒だ。

 

ローンでクルマを購入すれば、所有者はトヨタグループになり使用者が、購入した人の名前が記載される。

残価設定の場合は、下取り価格が少なくなればなるほどクルマを返却する際にマイナスになる可能性が多いので残価設定で購入する時はデメリットが何があるかなどを考えないといけない。

新型ヴォクシーの自動車保険を安くするには

写真撮影:M,M

保険を手っ取り早く安くする方法は、車両保険に加入しないことだ。

1年の支払うお金が断然安くなり、浮いたお金を他にあてることができとてもお得だがデメリットがあるのをご存知だろうか?

 

「車両保険もったいないから辞めました。」

 

実際に、少ないが回りに数名いる。本人達の言い分は「自分は事故を起こさない。運転がうまいから大丈夫」と口にしますが

車両保険は、外さない方がいい

新型ヴォクシー以外にも、今の新しいクルマは安全装備を購入時に沢山装備する傾向が多い。

事故に遭遇しなければ、何も問題ないがいつ何時何が起こるか誰も予想できない

(例)ヘッドライト片側・フロントバンパーを破損してしまい交換が必要になった。フレーム自体は大丈夫だった。

新品バンパー    8万円
フロントカメラ   10万円
骨格部品      3万円
ヘッドライト片側  8万円

その他 塗装・板金   数万(塗料の値段は年々高くなってきている)

簡単に30万円超えてしまい、クルマが新しいければリサイクルパーツも期待できない。

 

それなら、自己負担額の免責の金額を0スタートではなく5~10に変更するだけでも保険の金額を簡単に下げることができる。

免責金額を設定することで、保険料が安くなる

5・10・20万円などの設定があるので、気になれば加入している保険会社もしくは代理店に聞いてみてもいいかもしれない。

どうしてもクルマが、1家に2台所有していれば保険代金も高くなってしまいがちだが1台の免責は20万円に設定し(あまり走らない)もう一台は5万円に設定して上手に保険を契約している人もいる。

リサイクルパーツが沢山あるクルマであれば、元の修理代金の半分で済ませるなどといったことも可能になっているが、しっかり車両保険は加入するのをおススメする。

新型ヴォクシーの維持費やローンや残価設定はどお? まとめ

新型ヴォクシーの維持費・購入の仕方・自動車保険などを簡単にまとめて見たが、車両保険こそ加入しといた方がいい。

残価設定は、期間は決められているが新しいクルマを沢山乗ってみたい人には非常にいい条件だ。

年間で走れる距離が限られていたり、細かい傷が付いていれば返却時に追金が発生する契約だが乗り換えで再びトヨタで契約すれば、追金がなかったなどもあるので色々なクルマに乗りたい人は検討してみてはいかがだろうか。

(コポーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です