新型ヴォクシーのスペックや加速性能、乗り心地はどお?

ヴォクシー

新型ヴォクシーの詳しいスペックは、購入する前に抑えておきたいところですよね。

また、加速性能や乗り心地なども、口コミを知っておけば買う時にも安心できるのではないかと思います。

この記事では、新型ヴォクシーのスペックや乗り心地などのレビューを、詳しく見ていきます。




新型ヴォクシーのスペックをチェック

新型ヴォクシーのスペックに関しては、買いたいと考える人は気になる部分ではないでしょうか。

車の基本的な性能にも繋がる部分となるので、あらかじめチェックしておきたいところです。

ここから、新型ヴォクシーのスペック面に関してチェックしていきましょう。

①新型ヴォクシーの燃費性能はミニバンでも高水準

新型ヴォクシーのスペックの中では、燃費性能を気にする人は多いのではないでしょうか。

カタログ数値で見ると、

・ハイブリッド仕様 … 23.8km/L

・ガソリン仕様   … 14.8~16.0km/L

となっていました。

実燃費ではこの7~8割程度になることが想定されるので、

・ハイブリッド仕様 … 約18km/L

・ガソリン仕様   … 約11~12km/L

の数値が出るのではないかと考えられています。

 

このような燃費性能は、ミニバンの車の中では優れた部類に入るようです。

一般的なミニバン車は、車体の大きさがネックとなるので、実燃費ベースだと1桁台に留まることが多いと考えられるからです。

しかし、新型ヴォクシーでは、ガソリン仕様でも10km/L以上の燃費を実際に走行したときに期待できるようで、燃費面では良いと評価できそうですね。

ハイブリッド車も、カタログでは25km/Lに迫る数値を誇り、実際の想定燃費も20km/L台目前と、ミニバンとしてはかなり健闘しています。

燃費が良ければ、消費するガソリンの量が減るのはもちろんですが、経済的にも優しいというメリットを生み出します。

そのような意味でも、新型ヴォクシーの燃費のスペックは、プラスに捉えることができそうですよね。

 

②乗車定員は7人乗り・8人乗りから選べる

 

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/?padid=ag341_from_voxy_navi_performance

スペックの中で、乗車定員もミニバンでは重要視されています。

新型ヴォクシーはグレードによって定員が異なり、7人乗り、もしくは8人乗りのいずれかを選ぶことが可能です。

・7人乗り設定グレード … ハイブリッド、ガソリン全グレード

・8人乗り設定グレード … ガソリン車のZS、V、Xの各グレード

7人乗り仕様は、新型ヴォクシーではすべてのグレードに設定されており、ベースは7人の乗車であることが分かります。

 

それにプラスして、8人乗りの仕様も一部のグレードに設定されているようです。

ちなみに、8人乗りの設定されているグレードは3つありますが、全て7人乗り、8人乗りの両方が用意されています。

新型ヴォクシーのグレードによっては、このような形式で乗車定員を同じグレードでも違うものが選べるという特徴があります。

購入する際には、こういった乗車定員の設定もチェックしておくと良いかと思います。

 

③最高出力も満足いく水準に到達

最高出力についても、新型ヴォクシーでは評価される水準に達していると考えられています。

・ハイブリッド仕様 … 99PS/5,200rpm

・ガソリン仕様   … 152PS/6,100rpm

ミニバン車でありつつも、非力さを感じさせない走りを実現させる要因としては、最高出力(馬力)の部分が大きく関わっているようです。

 

一般的にパワー面では劣勢になりがちなハイブリッド仕様でも、新型ヴォクシーの場合は100馬力に迫る数値が確保されています。

通常のエンジンの搭載されるガソリン仕様も150馬力を超え、走りそのものを楽しめる可能性も引き出しています。

パワー面については、納得できる水準に達していると様々な場面で難なく走行することにも繋がります。

そのような観点でも、新型ヴォクシーの最大出力は評価できる材料になるのではないでしょうか。

 




新型ヴォクシーの加速性能は?

新型ヴォクシーの加速性能については、どういった評価が集まっているのでしょうか。

走行シーン別にチェックしていきたいと思います。

①加減速の多い市街地では特に支障ない加速が実現

スピードの変化が小刻みに起こる市街地では、新型ヴォクシーの加速性能は特に支障のないものと評価されています。

停止状態から滑らかに加速し、非力であると実感することなくスピードを上げることができるとの評価が目立っています。

アクセルを踏んでから加速までのタイムラグも小さいと実感されているので、市街地での走行にもピッタリのようですね。

普段は街中を走ることが多いと想定されていますが、新型ヴォクシーはそのシーンでの加速に特に問題はなさそうです。

つまり、普段使いの車として、新型ヴォクシーはしっかり機能する可能性が高いとも考えられると思います。

 

②ベタ踏みになる高速での走行も快適に加速

 

引用:https://publicdomainq.net/highway-road-0018798/

80km/h以上のスピードで走ることが基本となる高速道路での走行時の加速も、快適に加速してスピードを維持できると評価されています。

新型ヴォクシーでアクセルをベタ踏みにした時には、しっかりと加速を実現させることができているとレビューされています。

そのため、高速道路を走行する時にも、しっかり加速して本線に合流したり、前方の車との車間距離を適度に維持したりすることができそうです。

区間によっては、100km/hを超えるスピードでの走行も求められます。

 

そのようなところでも、新型ヴォクシーはその加速性能がしっかり発揮されるようで、快適に走行できる要因としても挙げられています。

低速から一気に加速する場合、そして70~80km/h付近の速度から100km/hに向けて再加速する場合など、どういった状態でも問題ないとの評判です。

 

新型ヴォクシーの乗り心地はどおなの?

新型ヴォクシーに実際に乗った人が感じる乗り心地は、どのようなものになるのでしょう。

具体的なレビューを紐解いていきましょう。

①走行中も静かな環境が維持される

走行中は、車内空間がどうしてもうるさいと感じられることがあります。

新型ヴォクシーに実際に乗った人からの感想やレビューとしては、走行中も静かさが維持されているというものが多くなっています。

静粛性は乗り心地を大きく左右するものと考えられていることから、プラスの評価として考えられそうですね。

エンジンの駆動音や空調の音など、走行中に気になる音は多く考えられますが、新型ヴォクシーではそういった音を気にする必要がほとんどないと言えます。

静粛性という点では、新型ヴォクシーの乗り心地は評価できるのではないでしょうか。

 

②シートの座り心地も上々であるとの評価

 

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/?padid=ag341_from_voxy_in_comfort04

ファブリックの表皮で覆われる新型ヴォクシーのシートは、座り心地が良いと評価されることが多くなっています。

丁度良い硬さで、体に負担の少ないところが、新型ヴォクシーのオーナーから受け入れられています。

また、グレードによっては温熱シートも装備されています。

 

これは体が冷えないように運転席と助手席でシートから体を温められる仕組みで、一部のグレードに搭載されています。

スイッチでオンとオフを切り替えられるので、簡単に操作できるところも嬉しいですね。

座り心地が良く、グレードによっては温熱機能も装備されているシートは、乗り心地の良さや魅力をしっかりと引き出せているのではないかと思います。

 

新型ヴォクシーのスペックや加速性能、乗り心地はどお? まとめ

新型ヴォクシーのスペックや乗り心地などについて、ここまでチェックしてきました。

購入する時に最も重視されるスペックについては、燃費や最高出力の面で満足行く水準に到達しているようです。

最大で乗れる人数についても、一部グレードで7人乗りと8人乗りが用意されており、ニーズに合わせたチョイスが可能となっています。

加速に関しては、どんな場面でも問題なく適応できるようなので、新型ヴォクシーに乗る人には安心できる材料として挙げられそうですね。

 

乗り心地についての評価も上々で、車内空間の走行中の静粛さや、シートの座り心地などではプラスの評価が目立っていました。

運転手だけではなく、助手席、そして後部座席に同乗する人にとっても、こういった要素は嬉しい点として実感されるのではないでしょうか。

細かいスペックや性能面では、多くの要素が新型ヴォクシーでは納得できる水準だと考えられそうですね。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です