新型ヴォクシーのライバル対決!トヨタ「エスクァイア」違いは?

ヴォクシー

新型ヴォクシーとエスクァイアどちらも人気のクルマだ。

購入できる販売店は分かれており、価格帯は新型ヴォクシーよりエスクァイアの方が少し高い設定になっている。

どちらの車両も全く違った魅力が沢山あるので、徹底的に比較してみた。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシーとエスクァイアの違い

https://toyota.jp/

1. 新型ヴォクシーとエスクァイアの販売店は違う

新型ヴォクシー 「ネッツトヨタ店」

エスクァイア  「トヨペット店」「トヨタ店」

新型ヴォクシーの取り扱いは、「ネッツトヨタ店」のみになり新車購入時の値引きは、ネッツトヨタ店のみを回って値引き交渉を行う。

エスクァイアは、「トヨペット店」「トヨタ店」の2チャンネルが取り扱いしており、新車購入時の値引き交渉に期待ができそうだ。競争する所が多いほど、やはり値引き金額に期待を持つことができる。

まだ先になるが、今後トヨタの4チャンネルは1つに統合されて、どこでも購入できるシステムになる。

わざわざ取り扱いしている販売店に足を運ばなくても、近場の販売店で車種関係なく購入できるようになるのは、とても便利でどの様に変わっていくかが楽しみだ。

 

2. エクステリアのデザインが違う

https://toyota.jp/

新型ヴォクシーのエクステリアの注目点は、やはりフロントマスクのデザインだ。

3年連続ミニバンNO.1になっている新型ヴォクシーは、ヘッドライト・フロントバンパーなど独自のアレンジが施され高評価の口コミが多い。

エスクァイアのエクステリアは、とても大きなフロントグリルが印象的で、アルファードを連想させるデザインになっている。

今までのトヨタが開発してきたミニバンに、これ程大きなグリルが採用されたのは初めてになるので(アルファードは、LLサイズのミニバンになるので比較できない)発売当初は、とても注目を集めた。

 

写真撮影:M,M https://toyota.jp/

https://toyota.jp/

 

ヘッドライトを点灯させれば、また違った雰囲気を楽しむ事ができる。

 

新型ヴォクシーのライトを点灯させた時、とてもカッコイイ

 

 

動画撮影:M,M

ヘッドライトの位置とラインポジションのバランスがいい。

エスクァイアのヘッドライトの位置とデザインは、同じライバルのノアに似ているが、昼間と夜間でクルマ全体の雰囲気が変化する。

大きなフロントグリルは、昼間は太陽の光で変化夜間は外灯や電気のあたり具合で変化し高級感溢れる。

 

3. 装備されているのが違う

https://toyota.jp/

新型ヴォクシーは、グレード事によって付いてくるホイールのデザインとサイズが違う。

ホイールの種類は、4種類用意されHYBRID ZS専用の16インチ(BBS製)ダークグレーメタリック使用の16インチ15インチ(シルバー)15インチ(スチールホイール)がグレードによって準備され、購入時に足元をドレスアップする事ができる。

エスクァイアのホイールの種類は1種類のみになり、15インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック)になる。




新型ヴォクシーとエスクァイア 燃費は?性能は?

 

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーとエスクァイアは、全長×全幅×全高車両重量が同じだ。

クルマの構造も同じなので燃費は、新型ヴォクシーとエスクァイアどちらを購入しても同じ燃費になるだろう。

ハイブリッドの実燃費は、11~19km/L

ガソリンの実燃費は、9~15km/L

もちろん人を何人も乗せていたり、車内に沢山の荷物を積んでいる状態での走行は燃費に悪影響が出る。

 

燃費を良くするには、運転の仕方に注意したりなるべく荷物を積まないチューニングパーツを使い様々なアレンジ方法があるので、試してみるのもいいかもしれない。

実燃費が良いユーザーもいれば、燃費10km/L以下で燃費が悪すぎると評価しているユーザーもいる

走行する場所によって簡単に燃費に変化が現れたり、燃費を気にせずに運転するようにしたら数字が上がる体験談もあり、少しの工夫で向上できる。

新型ヴォクシーのHYBRID ZSには、鍛造アルミホイール(BBS製)が標準装備になっている。他のホイールと比べ、ホイールの重量が軽いので、沢山のメリットがある。走行距離が長ければ、長いほど鍛造効果を出すことができる。

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーとエスクァイア、エンジンの構造ハイブリッドバッテリー(ニッケル水素バッテリー)設置場所や容量アクティブトルクコントロール4WDシステムどれを選んでも同じになる。

・アクティブトルクコントロール4WDシステムは、発進・加速時や路面に合わせ自動的に駆動力を制御してくれるシステムになる

・CVT-i(自動無段変速機)は、スムーズに加速することができCVT-iならではの、音や走行音も改善されている

・運転中に気になってしまう静粛性向上対策として、風切音は遮音材によるノイズ対策を徹底している

ドアミラーの形状が工夫され、ダッシュサイレンサーに部分溶接フィルムが採用されており、スライドドア下にはシールを追加し優れた静粛性が確保されている。

 

新型ヴォクシーとエスクァイアのサイズや内装の違いは?

https://toyota.jp/

新型ヴォクシーとエスクァイアのカタログを比較すると、新型ヴォクシーのカタログのデザインは、とてもシンプルに色鮮やかな印象でファミリー向けに作られているような感じがした。

取り扱い店の「ネッツ店」がターゲットにしている顧客層は、ファミリー・若い人向けと以前まで言われている。

エスクァイアのカタログは、黒がベースの高級感溢れるデザインになっており「トヨタ店」「トヨペット店」のみで取り扱いされている。

アルファードやラウンドクルーザー200やクラウンなど多くの高級車専門になっているので、カタログの雰囲気がヴォクシーと全く別物になっているので見比べてみるのもいいかもしれない。


https://toyota.jp/

新型ヴォクシーとエスクァイアの車体のサイズ・室内の広さや高さなど、同じになっている。

・内装色
・ステアリングヒーター
・昇温降温抑制機能付シート
・LEDルームランプ
・オプティトロンメーターのデザイン

上記の内容は、エスクァイアのみ選択可能だ。

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーのインテリアの選択肢に、ステアリングヒーター・LEDルームランプ・昇温降温抑制機能付シートは無い。

その代わりマルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)が、グレードによって選択できるようになっている。

※エスクァイアのカタログには、×印がある場所にステアリングヒーターが載っている

 

https://toyota.jp/

新型ヴィクシーで選択できる内装色のブラックオレンジ&ブラックよりも、エスクァイアのバーガンディ&ブラックは評判がいい。

内装色は、注文時に指定が必要で選択できるグレードも決められてい。

個人的に、新型ヴォクシーのブラックオレンジ&ブラックを選択するのは、かなり勇気がいる。シートの色はとてもオシャレに見えるが、アッパーボックス・ドア アームレストが気になってしまう。

あまり見かけない内装色になるので、個性を出したい人には、いいかもしれない。

 

新型ヴォクシーとエスクァイア2019年での変更点

https://toyota.jp/voxy/

2019年1月に新型ヴォクシーとエスクァイアの安全装備が更に充実した。追加された安全装備は、一部グレードのみで標準装備になっておりそれ以外のグレードはオプション設定で発売が開始された。

・Toyota Safety Sense

・インテリジェントクリアランスソナー

・電子インナーミラー

衝突回避支援パッケージに、昼間の歩行者も検知対象にするプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用。

アクセルとブレーキを踏み間違えた際に、障害物を検知し自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)」も新たに設定され安全装備が更に充実した。

電子インナーミラーも追加装備に加わったので、後方確認がとてもしやすくなる。口コミで、他のクルマだが電子インナーミラーの画質は綺麗で、見やすいと言った口コミも多く事故防止に活躍しそうだ。

 

新型ヴォクシーのライバル対決!トヨタ「エスクァイア」 まとめ

新型ヴォクシーとエスクァイア見た目が全く違い、どちらも魅力的だ。

販売店に行けば、展示車・試乗車が置いてあるので実際に見に行きデザイン・機能を見比べる事は非常に大切だ。

クルマを手放す時の下取り金額は、新型ヴォクシーとエスクァイアでは違うので、ライフスタイルに合わせてクルマ選びするもいいかもしれない。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です