新型ヴォクシーのカスタムや改造、エアロパーツはどうなの?

新型ヴォクシーは、どの年代のモデルも人気がある。新車・中古車どちらを購入しても、カスタムするユーザーが多いヴォクシー。

専用パーツが沢山出ているので個性をだす事が簡単にでき、パーツの価格もあまり高くない。

今回は、新型ヴォクシーのカスタムの方法や自分でもできる改造の仕方を、詳しくまとめてみる。




下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。


ヴォクシー>

新型ヴォクシーのカスタムするには

www.admiration.ne.jp/

写真は、「admiration」に搭載されている新型ヴォクシーだ。

エアロ1式・車高調・ホイール・ヘッドライトなどを組み合わせ、カスタムしている。

クルマの見た目を変化させるには、エアロキットやホイールを選ぶだけでも簡単にカッコよくする事ができるので、デモカーや個人のカスタムカーを参考にしたらいい。

新型ヴォクシーは、他のミニバンと比べても販売台数が非常に多いが、カスタムする事により、他のヴォクシーと差を付ける事もできるメリットもある。

写真撮影:M,M

カスタムするには

  1. ホイールのみインチアップ
  2. ホイールのインチアップと車高調とマフラー交換
  3. エアロ1式とサスペンションとホイールのインチアップ
  4. フロントスポイラーのみ

様々な方法がある。

ホイールのインチアップのみを選択しても、20インチまでは問題なく装着できる。

21インチ以上であれば、車高を落とさないと装着するのが難しくなる。ホイールメーカーが設定するサイズが、新型ヴォクシーのノーマル車高に装着可能かを見極めないといけない。

ホイールのインチアップと同時に車高調を選択する事が多い。車高調でローダウンする事で、装着できるホイールの種類が増える。

どのメーカーのエアロキットを選択しても、一部のみ購入する事が可能になっている。

エアロ・車高調・サスペンションなどは、どこのメーカーを選択しても価格は大体同じくらいになっている。しかし、ホイールメーカーの価格はピンからキリまである。

 




新型ヴォクシーのカスタムパーツは?中古は?

写真撮影:M,M

新型ヴォクシーのカスタムパーツは、沢山あるので

新品を選択する時は、取付けされた後に傷がないか確認する。販売店も勿論確認はしているが見落としがある場合もある。

中古品を購入する時は、現物を目で確認するのが前提になる。

 

・足回り

サスペンション・車高調キットを中古品を選ぶなら、未使用に近いものがいいが見極めるのが難しい。

サスペンションの劣化は、手に取って確認すれば分かる可能性がある。劣化すれば、塗装が剥がれてくる。

サスペンションや車高調を新品で購入すれば、メーカーの保証があるので、中古品はリスクが高いのであまりお勧めしない。

 

www.admiration.ne.jp/

・ホイール

ホイールは、1ピース・2ピース・3ピースがある。ブランドやホイールの構造で、金額に差が出てくる。

20インチになると、4本で30万円超えてしまう事もある。それが、状態が良くて中古品であれば、かなりお得に購入する事ができる。

ホイールも腐食していないか確認が必要だ。サイズは、ノア・エスクァイアと同じになるので中古ホイールの数も多い。

※18インチであれば、タイヤのサイズは215/45-18を使えばローダウンしなくても隙間があまり気にならない

www.admiration.ne.jp/

・エクステリア

・グリル
・ヘッドライト
・マフラー

グリルの交換作業は、とても簡単だ。しかし、グリル自体の値段が高いので社外品に悩んでしまう。

純正のグリルを外し、マットブラックに自分で塗装するのでも見た目をカッコよくする事ができるのでおススメだ。

ヘッドライトの社外品パーツは、種類も少ないが点灯する所・ライトの色が違うだけでも全く雰囲気が違う。ハロゲンが使用されている箇所に、先ずはLEDに変更するなどのカスタムから挑戦するのもいい。

マフラーそのものを交換すれば、アクセルを踏む時の音質が変わり、出力が向上するなどのメリットがある。

・室内 

室内のインテエリアもエクステリアと同時にカスタムするユーザーは多い。

  • 室内の電球をLED
  • シートカバー(ciazzio・Bellezzaなど)
  • スピーカー
  • カーナビやモニター

シートカバーや室内灯に使用するLEDは、新品ばかりになる。シートカバーは3列シートになるので、値段は高くなってしまうが室内をアレンジし実用性にも優れている。

スピーカーやカーナビ・モニター・フリップダウンなどは、中古品か新品どちらか選ぶ事ができる。

どこのカスタムパーツを購入しても、いつか買い替えの時が来る。新品を購入すれば、保証が付いているので何か問題が出ても心配する必要がない。

新品と中古の違いは「買い替えまでの年数」、大きな差が出てしまう。自分のライフスタイルに合わせ、カスタムパーツを購入してみてはいかがだろう。

新型ヴォクシーカスタムのエアロパーツは?

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーは人気があるので、エアロパーツの種類も多い。

トヨタグループが開発している「MODELLISTA」「TRD」「TOYOTA純正用品」のカスタムパーツや、「admiration」「Silk Blaze」など自分に合ったデザインを探すことができる。

「MODELLISTA」「TRD」「TOYOTA純正用品」などのエアロキットのデザインは、スタイリッシュで少し控えめなデザインになっているので飽きにくい。

「admiration」「Silk Blaze」などは、インパクトが強いデザインが多いので、個性を出したいユーザーにおススメだ。

 

https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーのフロントフェイスは、特別仕様車「煌3」・グレードZSのみに専用エアロパーツが採用されている。

元のエクステリアのデザイン自体が、インパクトが強いので一部変更するだけでも印象が変わる。

 

https://toyota.jp/voxy/

他のグレードV/Xなどは、エクステリアのデザインが特別仕様車「煌3」/ZSと違うので、エアロパーツの組み合わせで、違う雰囲気を出すことができる。

新型ヴォクシーのフルエアロのデモカーは、「煌3」/「ZS」が殆どなので、他のグレードを購入しエアロと組み合わせれば、かなり目立つ。

社外品のエアロパーツのグレード事の種類のラインナップは、「ZS」が沢山準備されているので、何種類かのメーカーから選びたいと思っているならグレードは限られてしまう。

指定されたグレードじゃない新型ヴォクシーのグレードに、加工すれば取付けできる事もある。

 

新型ヴォクシーカスタムの改造時の注意点

https://toyota.jp/voxy/

・ホイール 注意点

インターネットでホイールを購入する時は、サイズに注意が必要だ。オフセットにJ数を間違えてしまうと、はみ出てしまう。

ノーマル・ローダウンどちらも、ホイールマッチングには限界がある。

無理なサイズのホイールを取付けできても、ハンドルをきるとタイヤハウス内で干渉したり、フェンダーからはみだす。ホイールを買い替える時は、純正のサイズでインチアップを考えないといけない。

・車高調 / サスペンション / エアロキット 注意点

ローダウンしすぎると、段差などでインナーフェンダーに干渉する恐れがある。

車高が通常より低くなれば、乗り心地・突き上げは感じやすくなる。ローダウンしすぎるとヘッドライトの光軸に多少影響が出てしまう事があるので、照射範囲が狭くなってしまう事例もある。

外した純正の車高調・サスペンションは、手放さずに保管する事をおススメする。クルマを手放す時に、純正の部品は持っていた方がいいです。

査定してもらうお店によって違いますが、マイナスになってしまうケースもあります。

・走行中 注意

スロープなどの入り口・出口は、ローダウンしていればフロントスポイラーなどを擦ってしまう可能性が高い。

サスペンションのみ交換している状態なら心配はあまり必要ないが、車高調を組んでいるユーザーは、無理は禁物だ。

インチアップしているクルマは、19・20などのホイールサイズを装着するクルマが多い。インチアップする事によって、タイヤが低扁平になり交換時期も早くなってしまう。タイヤの摩耗が進行しすぎると、バーストを引き起こす原因を作ってしまう。

ローダウンで少しでも「ハの字」になっているとタイヤの摩耗の進行が早くなってしまうので、タイヤの状態は自分で確認しないといけない。

 

エアロキットやエクステリアパーツを社外品に変更する作業などは、自分でも取付けできるが、作業は確実に行わないといけない。

車検に通らない改造をしてしまうと、入庫を断られてしまうので、決められた範囲内でカスタムを行わないといけない。

新型ヴォクシーのカスタムや改造、エアロパーツは?まとめ

カスタムする時のパーツの種類は、沢山ある。組み合わせは自由にできるが、違法改造にならないように気を付けないといけない。

エアロパーツ・カスタムパーツのデザインは、全く違うので調べる時は念入りに調べるのをおススメする。

(コーピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

ヴォクシー 新型がほしい!

ミニバンでも人気のあるヴォクシーは

比較的、購入しやすい価格帯です。

また、運転がしやすいと、評判です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

ヴォクシー>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です